logo
Home

映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 櫻井よしこ

櫻井よしこといえば、安倍首相と二人三脚で改憲運動を引っ張っている、“極右論壇”のマドンナ。「美しい日本の 憲法 をつくる国民の会」共同代表、極右改憲団体「民間憲法臨調」代表など、戦前回帰を狙う日本会議ダミー団体のトップを務め、さまざまな場所で憲法改正の必要性を叫び. net 平成9)年一月の産経新聞に載った駐日. Amazonで櫻井 よしこの日本の危機。アマゾンならポイント還元本が多数。櫻井 よしこ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お.

いま映画が公開されて、そうした右派の論客たちは、多くが「騙された」と言っているらしい。実際、『正論』6月号でケント・ギルバートさんは「試写会に行ってきましたが、実にひどい映画でした」と書いているし、『月刊Hanada』6月号には「ドキュメント『主戦場』従軍慰安婦映画の悪辣な手口」というすごいタイトルの記事が掲載され、筆者の山岡鉄秀さんが末尾でこう書いている。 「最後に、大変僭越なのを承知のうえで、保守系言論人の方々に助言したい。将来、取材依頼があったら、たとえ大学院生でも、必ず素性をチェックすることだ」 アメリカ人の大学院生の研究のためと思って取材に応じた人たちが騙されたというわけだ。 デザキ監督は、スタッフの協力を得て3カ月で編集を行ったと言っているが、この映画を2回観てみると、編集がなかなかよくできているのに感心する。20万人とも言われる慰安婦の人数に根拠はあるのか、強制連行と言える実態はあったのか、慰安婦を性奴隷と呼ぶのは現実にそぐうのか、といった論点について、対立する双方の意見を丹念に対比させていくのだ。 アメリカ在住の映画監督・想田和弘さんが『キネマ旬報』5月号で書いているが、こういう手法は、アメリカのドキュメンタリー映画では一般的なのだという。さらにデザキ監督自身が4月30日の上映後のトークで語っていたが、「この映画はテンポが速いと評されていますが、アメリカのドキュメンタリー映画はもっとテンポが速いのが特徴です」という。 日本で言えばまさに『朝まで生テレビ』のディベートの手法なのだが、この手法がこの映画の大きな特徴だ。 右派論客が騙されたと言っているのは、彼らに「歴史修正主義」という批判を含んだ呼び方がなされていることもさることながら、映画の後半で、慰安婦問題をめぐる歴史的経緯を追いながら、再軍備を進める日本はこのままではアメリカの戦争に巻き込まれることになるが、それでよいのかという疑問を呈して終わるという、その映画の流れゆえだろう。 私が最初にこの映画を観たのは4月26日夜だが、金曜のその最終回は特別に日本語と英語の字幕がついているせいで、観客の3~4割が外国人(たぶんアメリカ人)だった。上映後に質疑応答が行われたのだが、慰安婦問題をそんなふうに外国人をまじえて議論するというのはすごく新鮮に感じられた。 慰安婦問題をめぐっては、韓国においては「反. 日本会議のフロント組織「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表の桜井よしこ氏(左から2番目)が理事長、日本会議会長の田久保忠衛氏(右から2番目)が副理事長を務める国家基本問題研究所のHPから。同研究所代表団が年4月に訪米したときの写真。真ん中のアメリカ人がご存知. 妹尾: 『真珠湾の真実――ルーズベルト欺瞞の日々』の日本語版がこのたび文藝春秋より拙訳で刊行され、著者のロバート・スティネットさんが奥さんとともに来日されました。. vs嵐」のゲストとして初.

6月3日午後1時より、霞が関の弁護士会館において、ドキュメンタリー映画『主戦場』のデザキ・ミキ監督、配給会社「東風」代表の木下繁貴氏、岩井信弁護士が記者会見を行なった。 この会見は、映画に出演した日本会議の加瀬英明氏、櫻井よしこ氏、弁護士のケント・ギルバート氏. jp どう話題だったのかというと、日韓関係の火種としてくすぶる慰安婦問題を正面から扱っていることに加え、ケント・ギルバート氏や櫻井よしこ氏、さらには「テキサス親父」の愛称で知られる. 「ひっくり返るのは歴史か。それともあなたの常識か」というキャッチコピーとともに、あるドキュメンタリー映画が、4月20日の公開以来、全国の映画館でロングラン上映されている。日系アメリカ人ミキ・デザキ監督による『主戦場』である。デザキ監督は、櫻井よしこ氏、藤岡信勝氏、杉田. 話題になっていた『主戦場』をやっと観ることができた。 映画『主戦場』公式サイトwww.

はじめに、前川惠司氏とは 現在はフリージャーナリストの前川氏は、はじめて吉田清治証言を朝日新聞で報じた記者らしい。1992年から1994年にかけてはソウル特派員だったという。 朝日新聞の前川さんも、頑張ってるなあ! 激励を受けました。僕も負けませんよ!! | 「日韓次世代映画祭. 櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 - )は日本のジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。 国家基本問題研究所 理事長 、 言論テレビ 株式会社代表取締役会長、 「21世紀の日本と憲法」有識者会議 代表、「 美しい. 戦中の日本軍による慰安婦問題を題材にした映画『主戦場』が、反響を呼んでいる。 出演者には杉田水脈衆院議員やケント・ギルバート氏、藤岡信勝氏、テキサス親父ことトニー・マラーノ氏、櫻井よしこ氏などといった従軍慰安婦を否定・矮小化する極右ネトウヨ論客が勢揃い。. さて『主戦場』に話を戻そう。4月30日の上映には、官房長官会見で有名になった旧知の東京新聞・望月衣塑子記者も観に来ていて、上映後、サイン会を終えたデザキ監督と少しの時間、彼女と一緒に話を交わした。そこで『主戦場』という映画のタイトルについて訊いた私の質問に、監督はこう答えた。 「この言葉がメタファー(隠喩)として良いなと思ったからです。映画の中に出てくる言葉ではあるのですが、同時にそれは、慰安婦の問題について対立する双方から話を聞いてきた私の頭の中が“主戦場”になったということだし、映画を観る観客の皆さんにも私が体験したプロセスをたどってほしいという思いからです。 慰安婦の問題をめぐっては日本と韓国で論争が行われていますが、韓国と日本の一般の人々が持っている情報が共有されていないように思えます。それはメディアが情報の共有という役割を果たしてこなかったからかもしれません。 東アジアの状況をよくするためには、もっと情報を共有して対話をすることが必要だと思うのです」 この映画は昨年10月、釜山国際映画祭で上映され、大きな反響を得て、日本で公開されたのだが、この8月からは韓国でも公開されるという。韓国でどんな反応を呼び起こすのか楽しみだ。今後、アメリカでもぜひ公開してほしいと思う。 アメリカでの公開と言えば前述した映画『沈黙―立ち上がる慰安婦』も、年12月から日本で公開された後、アメリカで公開され、それを受けてこの年5月19日(日)、渋谷のアップリンクで凱旋上映が行われる。詳細は下記サイトにあるが、私も行ってみるつもりだ。 jp/movie//49392 映画『主戦場』の方は、4月20日から渋谷のイメージフォーラムで緊急公開されているが、連日満席という盛況で、この後全国各地で公開が拡大していく予定だ(詳細は下記公式サイト参照)。 jp/ 私も2回目に観に行って感じたが、上映後のサイン会に並ぶ列が長くなっていたし、上映中も客席から笑いが漏れたりするツボが押さえられており、明らかに口コミで評判が広がり、映画についてある程度知った客が観に来るようになっている。 渋谷のイメージフォーラムは、冒頭に書いた『ザ・コーヴ』の騒動の時には、公開初日に映画館前に上映中止を叫ぶネト. 日本会議宮崎です!櫻井よしこ特別講演会まであと一週間ということで少し緊張していますが、頑張っていきます! 講演会の前に「紀元2676年(平成28年)建国記念の日奉祝行事 紀元祭・建国記念の日奉祝映画上映会」のお知らせです!. 映画の中で櫻井よしこは6万ドルもの大金を払って米人ライターに提灯記事を書かせていたことを問われると『言いたくありません』と述べていました。ある意味 正直です。 映画の中では転向した歴史修正主義者の女性の意見がフィーチャーされます。. 言論マッドマックス映画『主戦場』を観た!(多少ネタバレあり) | 映画にわか.

映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 「『火垂るの墓』では戦争は止められない」高畑監督が加害責任に向き合うために進めた幻の映画作品 しかし、高畑監督は、もっとシビアに現実を見つめていた。神奈川新聞(15年1月1日付)のインタビューで、高畑監督はこう語っている。. 15 櫻井事務所(赤坂) 出崎は取材の目的を私たちに、次のように説明していた。 ・「これは学術研究でもあるため、一定の学術的基準と許容点を満たさなければならず、偏 ったジャーナリズム的なものになることはありません」. 映画としてはただの政治的プロパガンダ映画になりそうだなw 62 : 名無しさん@恐縮です@&92;(^o^)/ :/01/14(水) 21:50:17. 映画を観ていて胸が痛んだのは、日本人の若者たちに、韓国と日本両方の街頭で「慰安婦について知っていますか」という質問をしたシーンだ。どちらの日本の若者も「えー、よくわかりません」と答えている。物事がタブーになってしまうとはこういうことだ。慰安婦問題とはいまや日本においては、その存在自体がなかったことにされつつあり、若い人たちがそういう問題を考える機会もなくなってしまっている。 ついでながら映画のパンフに書かれている興味深い話を紹介すると、スタッフはこの映画の撮影中、韓国の梨花女子大の前の少女像で、慰安婦問題のドキュメンタリーを撮っている現地の大学生グループに出会い、インタビューも兼ねて話してみたという。そしたら韓国人の彼らは、日本の河野談話を知らない様子だったという。韓国の若者たちも、慰安婦問題をめぐる日本の状況について知らないというわけだ。パンフには、そうだとすると「問題はずっと平行線を辿ることになる」と書かれている。それが恐らくこの問題の本質なのだろう。 4月30日に観に行った時、終了後の質疑応答で監督は、日本のマスメディアの問題にも言及していた。慰安婦問題がタブーになっていったことにメディアの責任が大きいのは言うまでもない。特に大きな影を落としているのは、年の朝日新聞社への激しいバッシングや、それに伴って起きた元朝日記者・植村隆さんへの異常というべき攻撃だ。 朝日新聞社は、対応のまずさもあって、ほぼ完敗。リベラル派の牙城だった同紙が年9月11日に「落城」したのだった。このバッシングは、産経新聞などの右派メディアはもちろんだが、週刊誌なども朝日叩きに狂奔し、記事の見出しに「国賊」「売国奴」といった文字が躍る異様な状況だった(一連の経緯については月刊『創』年緊急増刊『朝日新聞バッシングとジャーナリズムの危機』に詳しくまとめられている。下記を参照)。 jp/gekkan// そうした攻撃はその後も断続的に行われている。例えば年10月、朴寿南監督の『沈黙―立ち上がる慰安婦』という慰安婦をテーマにした映画が茅ケ崎市民文化会館で上映されたが、茅ケ崎市と教育委員会が後援に名を連ねたことに、ネトウヨや自民党市議団までが激しい抗議・攻撃を行った。 その自民党市議団の抗議文にはこう書かれてい. See full 映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 櫻井よしこ list on sotokoto-online. 浅田今日は神田神保町の古書街にある『ブックカフェ二十世紀』に来てる。ネット全盛時代だけど、こういう場所でゆっくり古本を眺めながらお茶を飲むのもいいね。ところで、『幻冬舎』社長の見城徹と百田尚樹からツイッターをブロックされた件はその後どうなったの? 田中 「言葉こそ武器」で「顰蹙は金を出してでも買え」と豪語していた見城徹閣下が問答無用で僕をツイッター上で突如ブロックしたので、僕のHPに「まとめサイト」を設けた香ばしい珍騒動の件ですね(苦笑)。昨年11月の発行直後から百田尚樹の『日本国記』は、仁徳天皇に関する19年前の新聞記事を大胆不敵に1ページも無断転載している“ぞっき本”じゃないかと話題になっていた。しかも具体的に指摘された複数の箇所が、但し書きもなく増刷時に“しれっと”修正されて、さらなる炎上が続いていた。浅田さんも以前から指摘していたように、ナチス・ドイツの迫害から逃れる人々にリトアニア第2の都市カウナスの日本領事館で領事代理として、本省からの訓令に背いて「命のビザ」を発給し続けた杉原千畝を礼讃する一方で、その彼は外務省から退職通告書を受け取って解職されるのに、「人道主義の立場を取っていた当時の日本政府にも陸軍にも民族差別の意識がなかった」と奇妙な「歴史修正主義」を臆面もなく展開したのが『日本国記』。イエズス会のルイス・フロイスとフランシスコ・ザビエルを混同してると指摘されて慌てて第5刷で「修正」したら、生兵法な編集担当者が2人の宣教師の書簡を再び取り違えてしまう駄目ダメ振り。『日本人の〈ユダヤ人観〉変遷史』の大著や、ちくま新書では『ユダヤ陰謀説の正体』という入門書を出している上智大学の松浦寛に、再々度の訂正を求められる始末だ。 映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 櫻井よしこ 浅田 「保守系」と目される歴史家の秦郁彦さえ、命を惜しんで立ち回った特攻兵っていう百田の『永遠の0』の設定自体が荒唐無稽な作り物で、今回も論評に値しない、と手厳しいね。 田中ところが見城は「ウィキペディアからのコピペや他文献からの盗用を指摘されているのに幻冬舎は反論も見解も出していない」との疑問に対して「こちらにやましいことは一切ない」と『ニューズウィーク日本版』の記事で大見得を切り、「校正について言えば、普通の本の3倍以上はやっています」と居直った担当編集者を脊髄反射で守ろうとしたのか、「この程度の修正はよくあること」、「僕の判.

櫻井 よしこ (Yoshiko Sakurai). 旧日本軍の慰安婦問題を取り上げたドキュメンタリー映画「主戦場」について、修士論文に使うためと言われ取材を受けた内容が、商業映画に使われたのは不当などとして、ケント・ギルバート氏(米国弁護士・タレント)ら5人が映画の上映差し止めと計. 櫻井よしこ(ジャーナリスト) 「無線封止」は虚構だった. 従軍慰安婦問題が世界のなかでどのように受けとられているか,まったく理解できていない日本国否定派(極右翼・保守・反動・国粋の識者)の単に浅薄な歴史認識 ( 年6月14日 ) 「要点」 ミキ・デザキ監督,ドキュメンタリー映画『主戦場』が, あらためて教えた「従軍慰安婦問題の. 旧日本軍の慰安婦問題を扱った映画「主戦場」で、出演“させられた”と主張する学者らが30日、都内で会見を開いて上映. 田中そのトランプが来日中、川崎市でスクールバスを待っていたカリタス学園の児童たちと、娘に付き添っていた外務省の職員が51歳の男に殺傷される惨事が起こった。7時45分に119番通報があり、8時10分に事件発生のテロップがNHKで流れた。安倍夫妻が待ち受ける横須賀基地に停泊している海上自衛隊護衛艦「かが」にトランプ夫妻がヘリコプターから降り立ったのが10時34分。そこで行った演説のなかでトランプは、「今朝、東京近郊で起こった殺傷事件の犠牲者のご冥福を祈ります。アメリカ国民は日本の皆様とともにあり、被害者とその家族と悲しみを共有します」と述べた。日本側の人間は皆、キョトンとした顔で聞いていた。あれだけ殺人事件が頻繁に起こり、すぐに戦争もやる国だけど、スピーチライターがすかさず大統領の演説に、心をつかむ言葉を加える機転。ここでも日本は負けてるね。霞が関の経産省や警察庁から永田町の官邸に出向している役人は、事件の一報を首相に伝える“勘性”を持ち合わせていなかったと。11時36分に官邸屋上にヘリコプターで帰還した首相が、記者連中にコメントしたのは13時54分。 浅田トランプの暴走で形なしではあるけど、ホワイトハウス広報部はすごいからね。 田中他方で今や裸の王様状態な松本人志が、「人間は何万個に1個不良品がある。その人たち同士でやり合ってほしい」と杉田水脈に通ずる「優生思想」丸出しな発言をフジテレビで、同じく「毒舌」の意味を勘違いしている立川志らくが「一人の頭のおかしい人が出てきて、死にたいなら一人で死んでくれよって、そういう人は」とTBSで語った。批判が殺到すると志らくはツイッターで「私が教育者だったり心理学者だったり政治家だったらこんな発言は駄目だと思う。でも落語家だ。人情の機微を表現する事が仕事」と居直る始末。心の機微がわかってないからそういう発言をするんだろ。立川談志や立川談四楼とは月とスッポンな悪魔の放言だよ。 浅田 ぼくはできるだけ言論の自由を守るべきだと思うし、とくにお笑い芸人には毒舌も許されると思うけど、それだけに芸のない毒舌や芸のない反論は困る。文字どおり洒落にならない。 トランプ来日の話に戻れば、「7月の選挙(複数形)の後まで待てば日米貿易交渉で大きな数字が期待できる」って趣旨のトランプのツイートを見ても、日米首脳で密約を交した疑いが強い──というか、そ. 映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 櫻井よしこ 日本の朝鮮統治の評価を見直す研究を続けてきたハワイ大学マノア校名誉教授のジョージ・アキタ氏(87)とジャーナリストの櫻井よしこ氏が、日本の「公正さ」を語る。 櫻井 11月4日、韓国の朴槿恵大統領は、英国bbc放送のインタビューにこう答えています。.

櫻井 よしこ. 実際に子供向けアニメ映画を作ろうとした制作者側の発言として、これまで一部で語られたことの裏づけとなるだろう。 globe. 映画『主戦場』の衝撃 日本軍性奴隷(いわゆる「従軍慰安婦」)問題を扱ったミキ・デザキ監督の『主戦場』が、ドキュメンタリー映画としては異例の大ヒットとなっている。 何も知らない日系米国人の若造など丸め込むのは簡単だと見くびった右派の「論客」たちが嬉々として言いたい放題. See full list on news.

com 日本のアニメについてインタビュアーが「国籍に関係なく、様々な国で受け入れられる」ともちあげ、それは特化した結果ではないかと片渕氏は指摘する。 対象. この映画にあまりにも衝撃を受け、原作である『塩狩峠』(三浦綾子・著)も読みました。 1909年に北海道の塩狩峠で実際に起きた列車事故を基にした作品で、ブレーキが利かなくなり暴走した列車を止めるため、主人公が線路に飛び出し、自分の身体で. 日系アメリカ人のミキ・デザキ監督の 「主戦場」 が物議を醸している。 彼が撮影したドキュメンタリーでインタビューに答えている保守系の論客が、学生の学術研究というから応じたのであって商業映画なら応じなかったと主張しているのだ(記事)。. 私は未見なのだが、 映画をつくるためのインタビューとは知らなかった 櫻井よしこ 映画「主戦場」 が大きな話題となっている。 年4月20日公開で、その2か月後の興行成績を朝日新聞は、 「東京の映画館では満席や立ち見状態になり、上映後には拍手が起きる『異例のヒット』」 と報じている。. 8人は、外交評論家の加瀬英明、テレビタレントのケント・ギルバート、ジャーナリストの櫻井よしこ、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡. 日本のジャーナリスト、国家基本問題研究所理事長。1945年10月26日フランス領インドシナ ハノイ生まれ。. 櫻井氏は裁判に出席せず、櫻井側弁護団は、口頭意見陳述を初めから行わなかった。 裁判長は植村氏と弁護人の意見陳述のみを聞いた後、裁判開始30分後に「判決は来年2月6日に下す」との一言だけ述べ、裁判を終えた。 口頭での説明では卒業制作のためのインタビューという名目だったらしいこと、商業映画として上映することをはっきり説明しなかった可能性はあるものの(ある意味で不誠実であるとの側面は否定できない)、契約の文面には完成後の上映についての項目.

声明には他にも、映画に出演したジャーナリストの櫻井よしこ氏、ケント氏ら7人が名を連ねている。 映画は、日系米国人のミキ・デザキ監督が日・米・韓の30人以上にインタビューし、人数や強制連行の有無など「慰安婦」問題をめぐる論点に関する主張を.


Phone:(764) 138-3184 x 7861

Email: info@ewzz.dragon7.ru